准看護師、単発の仕事をするメリット

医療の現場では、看護師が不足しているという話をよく聞きます。この人手不足の背景のひとつには、准看護師、正看護師の資格をとって病院勤務を経験した方が、何らかの事情でいったん看護の仕事を離れてしまっている、というケースが多いことが挙げられます。

准看護師を離職してしまう理由としては、夜勤や残業などの勤務条件が厳しい、そのわりにはお給料が改善していかない、体力的・精神的に続けられない、家事・育児との両立が難しい、といったもののほか、結婚や出産、介護などのライフステージの変化も含まれます。

一方で、客観的に准看護師の仕事を見つめてみると、多くの人の健康や命を支えられる、大きなやりがいを感じられる職業であり、資格の必要な専門的職業で責任も重い分だけ、ほかの職業に比べれば、お給料も高めの仕事であることが分かります。

いったん准看護師の仕事から離れたけれど、せっかく資格があるのだし、復職もしくは転職してまた仕事を始めたい、と考えても「ブランクがあるので大丈夫だろうか」と心配になったり、正社員で勤続していけるか不安になる方もいるでしょう。

そのようなときには、まずは「単発」の看護の仕事からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。人手不足の医療現場では、准看護師を「単発」として求人募集するケースがあります。

期間は1日だけ、というものから数週間という区切りのものまで様々なので、空いている時間や自分の都合に合わせて選ぶことが可能です。正社員の場合だとストレスになりがちなシフトの選択についても、単発の仕事なら、ある程度こちらの希望を聞いてもらえるのも嬉しいですね。

お給料が高い方がいい、という場合には、単発の中でも夜勤の求人を選びましょう。始めての病院で夜勤となると、人手も少なく不安に思うかもしれませんが、医療機関ではアクシンデントへの対応が多いため、その分マニュアルなどもきちんと用意されています。

単発の准看護師の仕事なら、少ないストレスで、資格を活かして効率よく稼ぐことができます。いったん復職してみれば「このぐらいの勤務条件ならばまた働いていける」というめどや自信につなげられるかもしれません。

単発の准看護師のお仕事をすることには、病院側にとっても准看護師側にとっても、お互いにメリットがあります。このサイトでは看護業界のいろいろな情報がまとめられているので、准看護師の単発の仕事探しにも役立てみてください。

ページの先頭へ