パート勤務の准看護師がお給料アップを目指すなら

患者にとっては同じ「看護師さん」でも、実は異なる資格をもつ正看護師と准看護師。資格取得のための学習期間や内容が違えば、そのお給料も違っています。

職場によってはほとんど差が無い、というところもあるといいますが、正看護師よりも准看護師のお給料が低く設定されている場合がほとんどであり、その差額は1割程度。総額が20万円ならば2万円の差があることになり、その違いは大きく感じられます。

准看護師でも、家庭や育児など様々な事情から「パート勤務」をしている方が少なくありません。スーパーのレジ係といった一般的な主婦のパートなどに比べれば、やはり資格をもった准看護師の時給は高めです。

とはいえ、実際に病棟などで准看護師のパート勤務をするとなると、正看護師との資格の差、正社員とパート勤務という形態の差によって、精神的・体力的に大変な仕事をこなしていたとしても、お給料の金額はそれなりに低めになってしまうのが現実です。

このような状況から、「准看護師の資格を活かしたうえで、もっと給与条件のいいところで働きたい」と感じる方もいるでしょう。 パート勤務の准看護師がより良いお給料を得たい場合には、いくつかの方法が考えられます。ひとつめは、勤務条件として「夜勤」を選ぶことです。

体力的にハードで、生活リズム的にも敬遠されがちな夜勤にはそれなりの手当てがつき、その金額は一回で3000〜4000円程度が平均的です。10日こなせば、通常の給与に加えて3万円以上の手当てを得ることができるのです。。

ふたつめは、勤務先病院の診療科目における選択肢を広げてみることです。内科、外科などの一般的な病院ではなく、例えば精神科病院や、重度の心身障害者施設などでは、准看護師の給与も高めに設定されていることがあります。

精神的な病をもつ患者さんや障害者の看護となれば、やはり通常の病棟業務とは異なる業務内容や知識、ケアが必要とされます。それらに対して特別な手当てが支払われるため、その分高めのお給料を得られる傾向にあります。

そのほか、近年設置が増えている「介護付き有料老人ホーム」も、給与待遇の良い勤務先のひとつです。准看護師が必要とされているのは病院だけではないのです。

24時間介護を謳う老人ホームでは看護師の数が不足するケースが多いため、准看護師への求人も見られます。しっかりした看護体制が敷かれている分、入居金などは割高となり、その資金が職員の給与にも反映されて、准看護師の給与待遇も高めとなるようです。

これまでと違う職場や業務に慣れるまではなかなか大変かもしれませんが、このような「給与改善の仕方」もある、ということを知っておきたいですね。 無理をして身体を壊してしまうことになっては元も子もありませんが、准看護師としてお給料アップを目指すなら、参考にしてみてください。

ページの先頭へ