正看護師と准看護師の気になる違いについて

准看護師求人 → 准看護師求人と正看護師求人の違いとは?

准看護師求人と正看護師求人の違いとは?

看護師になろう、と決めたらまず選択をしなければならないのが、「准看護師になるのか正看護師になるのか」ということです。では、両者には実際どのような違いがあるのでしょうか。

看護を受けている側からすれば「この人は准看護師だけどあの人は正看護師だな」と感じたりする機会はありません。つまり同じ「看護師」として捉えているわけですが、働く方からすればこの二者には大きな違いがあります。

まず資格をとる時点において、准看護師は、2年の通学で取得が可能な都道府県知事免許であるのに対し、正看護師は国家資格で通学にも3年かかります。医師のような医療行為を行うことは出来ず、看護師として医務的な看護行為を行う、という点は同じですが、業務内容の位置づけはそれぞれに異なっています。

看護師は「自らの判断で主体的な看護を行う」のに対し、准看護師は「医師や看護師の指示により看護を行う」と定義されているのです。

しかしながら患者さんが違いを感じないことからも分かるように、実際の医療現場では明らかな業務内容の差別化があるわけではなく、例えばベテランの経験豊富な准看護師が新米看護師を指導するケースもあります。

職場での待遇面から見ても、両者には大きな違いがあります。資格が違えば手当てが異なり、准看護師のお給料は、正看護師のものよりも低いのが一般的です。年収にすれば平均して70万円強の差があることが分かっています。

さらに、先述のようなベテラン准看護師がどれだけ経験を積み、仕事ができたとしても、資格がないために婦長へと昇格することは叶わないのです。

近年見られる「看護師の高学歴化」(看護学校ではなく大学の学科で学ぶ看護師の増加)も、このような格差を大きくしている一因です。 こういった格差を解消する手段としては、准看護師から正看護師へのキャリアアップという方法があります。

これを促進するため、10年以上の准看護師勤務がある方は、2年間の通信制養成学校で学べば、正看護師の国家試験を受ける資格を得られる、という新制度も導入されました。しかし10年以上のキャリアが無い場合には、2年間養成学校に通学するか、3年間の夜間通学をするか、という選択肢になり、こうして働きながら学ぶにはかなりの精神力、体力が必要になります。

なんとなくの理由で正看護師、准看護師を選んでしまうのではなく、将来自分がどのように働きたいのかをよくイメージしたうえで、選択することをお勧めします。情報を収集し、実際の求人情報を比較するには、看護師専用の求人サイトを利用するといいでしょう。